◆バスで利益を得る:トレインAgogo -A列車で行こう4ゲーム攻略サイト

◆ バスで利益を得る

A列車で行こう4”において、バスで利益を出す場合も、電車の場合ととほとんど変わりません。

・バス停のまわりが発展していること。
当然ですが、バス停のまわりの街が発展していなければ乗客が集まりませんので、子会社を建てるなどして、バス停の周辺を十分に発達させた状態にしましょう。
・バス停とバス停の直線距離が離れていること。
バス停間の直線距離が離れているほど、バスは利益を出します。
ただし、バスの経費は走行距離に応じて発生しますので、バス停とバス停は最短距離で結ぶようにしてください。
・バス停間が離れすぎないこと。
上と反対のことになりますが、バスは乗客をバス停からバス停に運んではじめて利益を出します。
バス停の間が長すぎると、走っている時間も長くなるためバスが一日に発車・停車できる回数を減らすことになってしまい、結局利益を削ることになってしまいます。ですので、バス停間は適度な距離を保つことが重要となります。
・乗客が利用する時間にダイヤを設定しておくこと。
バスも乗客があって初めて利益が出ますから、発車時刻は乗客が多く利用する時間帯にあわせておく必要があります。
バスもまた列車と同じで、朝の7:00~8:00、夜は18:00~20:00ぐらいがちょうどいい感じです。
これは、一日で二回運行すれば十分に利益を稼げるということでもあります。
・基礎運賃の高い車両を選ぶこと。
基礎運賃が高いほど儲かります。

バスの効率的な運用を考えた場合、バス停とバス停の間の距離は8~10時間で移動できる程度、ダイヤは8:00と20:00発にするのがいいと思います。
また、バスは「W-DECK3」がおススメです。