◆道路を設置する:トレインAgogo -A列車で行こう4ゲーム攻略サイト

◆ 道路を設置する

鉄道運営だけでゲームを進めようとする場合、道路は無くても何とかなります。
ただし、子会社の運営をする場合には必ず必要になってきます。
道路を引く場合にもコツが要りますが、線路に比べると簡単です。

道路を引くときに先端の部分に重ねるようにしながら引き始めるのは線路と同じです。
線路と違うのは道路はマス目に平行にしか作れないということ。
そして、曲がり角の角度が直角(90度)になるということです。
また、交差させて十字路やT字路を作ることもできます。

A列車で行こう4”の道路では、車両はすれ違うことができません。
ですから、バスが正面から向き合ってぶつかるとそのままどちらも譲らず立ち往生してしまいます。

道路の場合も、2本並べて複線のように設置することができます。
じつは、子会社は道路に接している面が多いほど、利益を上げやすくなるという特徴があります。
ですのでバス停2ヶ所をバス1台で運用するような路線であっても、往路と復路を分けて間に空間を残した形の複線にし、その残した空間の所に子会社を立てるようにすると子会社が利益を出しやすくなります。

高さの違う道路が重なると見にくくなってしまうのは鉄道と同じです。
こういう状況はできれば避けたいところですが、どうしても避けられない場合は高い位置の道路から作っていくようにしましょう。
理由は鉄道の場合と同じです。

◆道路の種類

・勾配道路
勾配とは、高さの違う道路をつなげるための坂道です。
設置すると現在の高さと、1つ上の高さをつなげることができます。
平地に道路を引く場合には必要ありませんが、水面を渡る道路を作ったり、高架線や地下鉄への乗り入れをしたりするときなどに使います。
・トンネル
トンネルとは、山の中を貫く道路です。
トンネル内では曲がることはできず、またマス目に対して平行にしか設置できません。
設置の自由度を考えると、地下道や高架橋にするなどして、山を回避してしまうほうがよりベターです。
・高架道路、地下道路
基本的には鉄道と同じですが、大きな違いとしてバス停が作れません。
ですから、バス停を作るために一部の道路は地面にある必要があります。